スタッフの中には「利用者さんに育てていただいて感謝してます。」という人もいます。 こういう感謝の気持ちを持たせてもらう事、人との繋がりの中で成長させてもらえるので、そういう面ですごく良かったなって思います。

この仕事に就いたきっかけを教えてください

5年くらい和楽っていうデイサービスで働いていました。当時はまだ子供たちが小学生だったので正社員として5時半まで働くのは無理でしたので短時間で平日だけ働いていました。その後子供たちが中学生に上がるのを機に正社員で働こうかなって思っていた時、こちらの管理者の方に声を掛けていただいて訪問看護ステーションで働くことになりました。

訪問看護ステーションで働いてみて良かったことを教えてください。

私は人と話したりコミュニケーションを取るのがもともと得意ではなくて、はじめは戸惑うこともありました。 それでも同僚からコミュニケーションの取り方を教わったり、利用者さんとのやり取りの中でたくさん学ばせていただきました。 自分でその人のことを「もっと知りたい」と思うようになると、スムーズに受け答えできるようになったり話のタネを自分で見つけられるようになったりとか。自分を切り替えられた今ではどんどん仕事も楽しくなってきて日々楽しみながら成長させていただいています。 クレームひとつにしても、反省と共に「次はどうすればいいだろうか」っていう前向きな気持ちで、それを次に活かすという考え方ができるようになったというのも、この仕事のおかげかなって思います。自分が変わると利用者さんの対応も変わり、すごく育ててもらってるなって思います。 スタッフの中には「利用者さんに育てていただいて感謝してます。」という人もいます。 こういう感謝の気持ちを持たせてもらう事、人との繋がりの中で成長させてもらえるので、そういう面ですごく良かったなって思います。

将来の夢を教えてください

訪問看護の認定看護師の資格を取ったり、他にも勉強したいことがたくさんあります。 個人的にはタップダンスをやったりギターをやりたいとかテレビも出たいとか。以前のど自慢に出たことがあるんですがもう一度チャレンジしたいです。 あとは夢っていうか訪問看護のドラマを作って欲しい。コードブルーみたいな感じで訪問看護の看護師になりたいっていう人が増えればいいなって。本当に毎日がドラマですからね。

今後取り組んでいきたいことって何かありますか?

学生さんを研修や実習で受け入れたり、新卒の方が来るってなった時のためにも教育体制をもっと整えていきたいです。 しっかり指導できるよう自分の知識はもちろん、実習生たちへの教え方、指導のことに関してはもうちょっと充実させたいなって思っています。 後はこれからの時代は在宅で亡くなられる方のケースがどんどん出てくると思うんです。その対応の仕方っていうのがまだまだ不足していたり、本人はもちろん家族に対するケアだったり看取りに対してまだ不足している部分があるのでそこの部分の充実を整えていきたいです。 また小児の重症小児が自宅に戻ってきてるケースもかなり多いので、小児に関してもみんなでステップアップしていかなきゃならないかなって思います。 すごくいい仕事なので若い方とかでもすごく勉強になると思います。

これから入ってくる方へメッセージをお願いします

訪問看護って難しそうなイメージを持っている方もいると思うんですけど、入ってみると一から少しずつ覚えて行って、みんなで助け合いながらやっている職場なのでそこは無理なく不安にならず初めての方でも安心して働ける環境だと思います。