先輩スタッフの声

酒井さん

酒井さん画像

入社一年目の介護員さん

介護の仕事に就いたきっかけ

祖母が介護が必要になったことがきっかけに仕事につきました。
そこから資格を取って、ぱれっとに来る前は有料老人ホーム、特養にいて、今に至ります。
その時に介護職が自分の天職としてハマったんだと思います。 

この仕事に入る前の仕事

ぱれっとに来る前は特養にいました。車で15分から20分くらいのところに勤めていました。遠いという感覚はなかったですけど今のぱれっとよりは遠いです。

ぱれっとに来たきっかけは?

まだ子供が小さかったので、近くの職場を探したいなーっていうのと、自分の介護のスキルアップをしたかったので、経験を色々したなって思っていた時にたまたまチラシがあったので。
ぱれっとに来る前は、正社員ではなくパートをしてたんですけど、ここで面接した時に社員で、もしくは準社員でどうですか?という風に言ってくださったので、なんてありがたい!と思ってという感じですね。

働いて良かったことを教えてください。

今はたくさんの新しい利用者さんとの信頼関係もできてきて、皆さんの笑顔が見れて楽しいっていうのと、私の家庭的にも家から近いという部分と、子供が何かあった時にすぐ帰れたりとかもするので、この近さはいいなーということで継続していますね。
準社員なのでボーナスも出ますし。(笑)

今は準社員でということですが、働き方としてはどうですか?

正社員で働くということは重要だと思うんですけど、ぱれっとに来る前は子供がやっと!っていうところだったので、まだ社員っていう意識づけが自分の中ではなくって、それでも介護の仕事に携われるならそれでもいいかなっていう風なレベルだったんです。
そんな私の状況でも、準社員として入れてくださったのでありがたいなーと思っています

介護の仕事で心がけていることはありますか?

利用者さんの笑顔、「一日一笑」を心掛けています。利用者さんにはできる限り笑っていてほしいと思っています。
なのでたまに芸人になっちゃうことがあるんですよ。(笑)

ぱれっとの「ここはいいな」と思うことはありますか?

利用者さんも職員もみんなで楽しんじゃお~っていうスタイルがいいなと思います。
利用者さんのためにだけじゃなくて、「ため」にやっているんですけど職員もすごく楽しい~っていうのは、みんなで笑いあえてすごく良いと思います。

将来の夢を教えてください。

できる限り介護の現場にいたいです。そうやって思える仕事に出会えたからだと思うんです。
違う仕事にも携わってきた中で、天職というものに出会えたと思っています。
自分の体力が続く限り介護の現場で働きたいです。

これから入ってくる人へ

私みたいに子供を持って仕事をしようと思っている方(地元の方)は近いというメリット、何かあった時にすぐに駆けつけられるっていう意味で、ぱれっとは良いと思います。
それ以外にもお家にペットいらっしゃるとか、急用でなんか帰る必要があったりという時でも家の近くで働けるっていうのは助かると思います。
ぜひ近場の方、安食の方いらしてください!

石井さん

石井さん画像

入社一ヶ月目の介護員さん

介護職に着こうと思ったきっかけ

きっかけは母の介護だったんですが、私は実家が遠くて、なかなか関われなかったんですけど、病院に入っていて周りの人たちにお世話してもらっているところを見て、私もこういう仕事をできたらいいなと。

勤務して良かったこと

利用者様の笑顔を見ていると、私も元気がもらえること。
未経験で入ったのでまだわからないことばかりなんですが、これから色々楽しみなことが出てきて、元気もらっています。

大変なこと

まだ入ったばかりなので、初任者研修と仕事の両立が大変ですかね。
仕事で大変だなと思うことは今のところはないです。

私は未経験でしたので、入る前は自分でも出来るだろうかと不安ばかりだったんですけど人と関わって、接してみると元気を貰うことの方が多くて、今は楽しく働いています。

今後取り組んでいきたいこと

利用者さんの笑顔をもっと引き出せるように努力していきたいと思います。

新しく入ってくる方へ

介護職って大変なイメージを持たれている方って多いと思うんですけど、私も未経験で不安でしたが、実際やってみると楽しいし、元気をもらえるし、やってみて良かったなって思います。

堀越さん

堀越さん画像

入社一年目の介護員さん

今のお仕事を始めたきっかけ

大学を卒業してからどういう道に進むべきかと悶々としていた時期に、母が和太鼓をやっていまして、特別支援学級の障害がある子に和太鼓を教えるから手伝いに来てと言われてちょっと行ってみたんです。
その時に初めて障害がある子たちに関わって、福祉の仕事って面白い!自分に向いているかもって思ったので、福祉関係でやれることを探している時に、佐倉の方に障害児の学童があるのを知ったんですね。
最初はボランティアでやっていたんですが、社員として働いてみない?と声をかけていただいて。
ずっとそこのNPOで働いていたんですが、会社の事業統合をきっかけに2010年からは特別養護老人ホームでお年寄りの介護に関わるようになったんです。

ぱれっとに来たきっかけ

私は栄町に住んでいて、この地元の地域福祉に関わっていきたいなと思うようになりまして、知人の紹介もあり、ここで働くことにしました。
もちろん地元のぱれっとでの勤務が希望だったんですが、入社当初はまだぱれっとが開所して3ヶ月目くらいで、まだ入居者の方も2名しかいないということで、楽天堂の香取にある別の施設で勤務することになりました。(笑)
ぱれっとに来たのは8月からです。

ぱれっとに来て良かったこと

家が近いってことが一番ですね。笑
楽だとかそういうことではなくて、通勤の時間を自分のための投資の時間にすることができるようになったってことですかね。

福祉とは少し離れるんですが、働き方改革っていうのにすごく興味がありまして。
福祉の世界の人たちってボランタリー精神が強い人って多いんですね。自己犠牲の精神とか残業することが美徳として考えちゃう人が当たり前にいるんです。
でもそうするとやっぱり心も体も疲弊してっちゃいますし、限られた時間の中で役割をきちんとこなすということができるようなバランス感覚って必要だし、それを実現するにはどうするべきかっていうのは常に考えています。

ぱれっとの良いところ、良くしていきたいところ

みんなのコミュニケーションが良く取れている、つながりが強いのがすごく良いです。
良くしていきたいところとしては、職員さんそれぞれの考え方や思うところを実現したり改善したりしていくことができる環境を作っていきたいです。

これから入ってくる仲間へ

経験がないとかやったことがないとかすごい不安だったりすると思うんですけど、誰でも最初は未経験です。知識とか技術とかは後からいくらでも付いてくるので、興味がある、とか、やってみようかな、っていう想いがあればぜんぜん大丈夫です!私たちがサポートしていくので一緒にガンバりましょう!

ご応募・お問合せはこちらから

お電話でのご応募・お問合せ0476-37-5611

ご応募・お問合せフォーム

ご応募・お問合せ

一緒に働く仲間を募集中です。お気軽にお問合せください。

0476-37-5611

ご応募・お問合せフォーム
  • 事業所一覧
  • お住いの地域から探す
  • サービス内容・条件から探す