代表あいさつ

楽天堂はより良い老後のために、介護と看護の充実をめざします

楽天堂の全社員が共生の理念で手をたずさえてともに生きる

楽天堂は、老いて後、最大の課題である介護の問題を社会全体で支えていく介護保険制度とともに出発しました。東総地域において、期待される良質の介護サービスを提供いたします。

「介護は家族がするもの」から、「介護を社会として支える」という介護保険の理念のもと、医療との連携を図り、ご利用者の今ある能力を大切にします。その維持向上を図ることによって、可能な限り自宅において自立した日常生活を営むことができるようお手伝いいたします。

超高齢社会における多様な生き方、年齢や心身の状態、所得の多寡や家族の有無にかかわらず、一人一人が大切にされ必要とされ、自らの持つ知恵と力を活かせる福祉文化の創造に向けて、「共生」の理念のもと、公正・中立・公開による自立支援サービスに一層の努力を傾注してまいります。